網膜の像の違い

遠近両用コンタクトレンズには、交代視や、同時視タイプが有ります。
遠近両用コンタクトレンズには、1枚のレンズに、遠方と近方が見える、異なる度数が混在してますが、その重なり方などに違いが有ります。
交代視は、ハードレンズに採用されてるタイプで、遠用と近用の度数を使い分けてピントを合わせる見方になります。
同時視は、ソフトレンズに採用されてる設計で、網膜には、同時に遠くも近くも写ってる状態なので、脳が見たい方を選択し切り替えることが出来ます。
遠近両用コンタクトレンズには、バイフォーカルやマルチフォーカルなどの様々な構造や種類が有るので、自分が最も見やすい製品を選ぶことが出来ます。

眼科医に相談

近視は、早い人であれば小学生前後から度が進んでいき、成長とともに、目は遠くを見にくくなる一方です。
それで、人によってはメガネをかける人もいれば、もしくは近視用のコンタクトレンズを装着する人がいますが、40歳前後からこの近視に加えて老眼が始まってしまうことがあります。そんな時には、遠近両用コンタクトレンズがおすすめです。
遠近両用コンタクトレンズなら、近くを見る時も遠くを見る時もうまく調整できます。
しかし、遠近両用コンタクトレンズはやはり、眼科医での検査が必要になりますから、一度眼科医を受診してみましょう。

遠近両用タイプの豆知識

遠近両用コンタクトレンズというのは加齢による視力の低下などによって、近距離の物が見えにくくなった人が遠近両方を見るためのコンタクトレンズの事です。使い捨てタイプも販売されていて利用しやすくなっています。遠近両用コンタクトレンズにもハードタイプとソフトタイプがあり、同時視型と交代視型という二つの種類がありますが使い捨てのタイプは交代視型のタイプが多いです。もしインターネットで遠近両用コンタクトレンズを購入する際には左右どちらのタイプなのか、湾曲度合や加入度数はどの程度なのかといいう事を調べてから注文して下さい。

近視の方におすすめ

近年では様々なコンタクトレンズが出回っています。一昔前より格段に種類が増え、1weekや1dayなどより目を清潔に保てるよう使い捨ての種類も増えてきました。
中でも珍しいタイプのものがこのタイプです。遠近両用コンタクトレンズは近視の方でも遠視用めがねを装着せずに近いものを見ることができる非常に便利なタイプのコンタクトレンズです。遠近両用コンタクトレンズは遠近両用のめがねと原理は同じで視線を動かすことで物体の焦点を合わせます。最初は慣れない分不便かと思いますが、慣れればこれほど重宝するアイテムはないでしょう。

同時視タイプの遠近両用コンタクトレンズのしくみ

近視で遠くがハッキリ見えない上に、手元もボヤける場合は、通常のコンタクトよりも遠近両用コンタクトレンズの方が合うでしょう。
老眼鏡よりも、遠近両用コンタクトレンズの方が視界が広く、焦点も合わせやすいので、視界の違和感が少ない点も魅力です。
1枚のレンズに、遠方用と中間用、近用の度数が備わってて、境目の度数の変化も滑らかなので、ピントが合わせやすくなってます。
遠近両用コンタクトレンズには、同時視タイプと交代視タイプが有ります。
同時視のコンタクトの場合は、遠方と近方が同時に見えてる状態なので、脳が見たい方を選択し、必要なものだけ見ることができます。

週間での安全な使い方

遠近両用コンタクトレンズの安全な使い方は、フォイルのふたを開け、くぼんだ部分を親指と中指でしっかり持ち、容器先端からフォイルを上方に引き上げるようにして開封します。容器のフタは取り出しやすいよう最後までしっかり開けて下さい。そして、レンズを取り出し指の腹にレンズをしっかり付けて真っ直ぐ持ち上げましょう。その際に注意点があります。遠近両用レンズは傷つきやすいので、絶対に爪を立ててレンズを掻き出さない様にして下さい。爪でレンズが傷つき装着時に破損する可能性がありますので十分注意をして下さい。週間での替えになりますから注意して下さい。遠近両用コンタクトレンズの注意点は以上です。